Page 1 of 3

世界で試される品質

Autohomeシリーズのオフロード実績は実体験に基づくものです。

50年以上にわたり、探検家、レポーター、写真家、そして冒険家達が常に実用的で建設的なアドバイスをしてくれた結果、世界に通用するカートップテントを開発、改良することができました。

これらはそうした多くの感謝すべき協力の一部です。

Danilo Tapiletti(ダニーロ・タピレッティ)
25年以上、私はミラノ・スカラ座劇ベレエ団の一員でした。いまや私のステージは世界で最も有名な劇場から、モンゴルやその他地球上の自然の中の緑の大地に代わりました。
快適なコロンブス・ルーフテントのおかげでホームシックを感じることなく楽しんでいます。

Giovanni Dondi(ジョバンニ・ドンディ)
彼は1974年より活動中の私設オフロード愛好家グループ【グルッポ・セクスタント(六分儀)】の設立者。サハラ砂漠全域、カナダやロシアなどの最も奥地における冒険旅行への提唱者です。

Giuseppe Bonfanti(ジュゼッペ・ボンファンティ)
私は若い頃から旅行が趣味で、仕事の都合でアジア、南米、南アフリカ、インド、そしてパキスタンに駐在したことがありますが、コロンブス・ルーフテントはいつも私の旅のパートナーです。

Nico e Markus(ニコ・e・マルクス)ジープ愛好家
2011/2012年にかけてモロッコを旅した時に、我々はまさに的確な選択をしたことがすぐに明らかになりました。夜中、氷点下で、砂漠で、丘陵地で、風や雪の状況であっても、私たちのマジョリーナ・エクストリームに何か問題が生じたことは一度もありませんでした。

Mauro Camisasca(マウロ・カミサスカ):
ミラノ - モンゴル:3ヶ月にわたる旅でホテル宿泊はたったの1泊だけ。

"テントの中で寝ると、私は無限の開放感を与えられた気持ちになります。;私は身の回りの全てのことを楽しみます。自然、澄んだ空気、小川のせせらぎ、風の音……たとえ目を閉じていても星空さえ見える気がします。安全・快適なコロンブス・ルーフテントの中にいればこれら全ての感動を感じることができるのです。"

Giulio Dott. Meneghini(ジューリオ・D・メネギーニ)- 成形外科医 / Gabriele Greco(ガブリエレ・グレコ) - バイク乗り、セイラー / Armando Romano(アルマンド・ロマーノ)- 経験豊かな旅人 / Andrea Calandri(アンドレア・カランドリ)- 電気通信専門家でパイロット
とても大掛かりな旅だったが、我々のオーバーランド・ルーフテントのおかげで、希望通りの旅をすることができた。訪問国:イタリア、オーストリア、チェコ共和国、ポーランド、リトアニア、ラトビア、ロシア、モンゴル、中国、チベット、ネパール、インド、パキスタン、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、イラン、トルコそしてギリシャ。

Akis Temperidis e Vula Netu  - Superstar travellers

Akis Temperidis e Vula Netu(アキス・テンペリディス&ヴラ・ネテュ)- 偉大な冒険家
再び我々の番です、マジョリーナがあれば人生は素晴らしいものになりますよ。私たちは実際にもう1年以上(私たちの総旅行日数475日のうちの300泊以上)マジョリーナに泊まりましたがそれでも飽きない。   タイ・バンコクより感謝

Juerg, Angelica, Tom, Cornelia, Jean Pierre, Alexandre, Doris, Heidi, Jean Francois, Erich

Juerg(ユルグ), Angelica(アンジェリカ), Tom(トム), Cornelia(コーニーリア), Jean Pierre(ジャン・ピエール), Alexandre(アレクサンドル), Doris(ドーリス), Heidi(ハイディ), Jean Francois(ジャン・フランソワ), Erich(エーリヒ) - アフリカ紀行 - "人生には夢がある。"
"何週間もの間苦闘して、西アフリカからカメルーンへ南下、続けてガボンへ。2国のコンゴ(共和国、民主共和国)、アンゴラを通ってナミビア、そして南アフリカは喜望峰に到着。"

Patrick Galibert  - Fotografo professionista

Patrick Galibert(パトリック・ガリバート)- プロカメラマン
年数回の私たちの旅の中で、コロンブスカートップテントは大活躍です。泊りがけのキャンプやちょっとした休憩に一瞬で展開するコロンブスはとても便利です。 数年の間に車は替えてきましたが、コロンブスは替えることなく使っています。信頼性はいつもトップレベルです!

Angy & Ale - Desartica Tour Operators

Angy & Ale(アンジー&エール)- 砂漠旅行の案内人
たとえそこが広大な砂漠の中でさえも私達のオートホームで寝ている限り、それは長く慣れ親しんだ我が家の様な寛ぎを与えてくれます。目を覚まし、真っ暗闇から世が明ける瞬間を見ることができたときは、この自由な人生に心から感謝します。"私達のモットーは人生一度きり!"

Marco C. Stoppato - Vulcanologo, foto-giornalista professionista

Marco C. Stoppato(マルコ・C・ストッパート)- 火山学者、自然環境専門の写真家兼ジャーナリスト
私はすでに80カ国以上の国々を周り、各国の火山写真とそのレポート記事を書いてきました。いつも快適な宿泊施設を提供してくれるマジョリーナが一緒なので、寝泊まりの心配をすることなく仕事に没頭できます。 

Enrico Stable - Avvocato

Enrico Stable(エンリコ・ステーブル) - 弁護士
オートホームは、砂漠での砂嵐、豪雨、摂氏60度から−20度まで、あらゆる環境下で使用に耐えてきました。オートホームに問題ありません!

Tetsunori Sukenobu  - Japanese Rally rider - Pharaon’s Rally 2010

Tetsunori Sukenobu(資延・晢規)- 日本のラリー選手 - ファラオラリー2010にて
過酷なラリーに参戦中のある日、オートホームを積んだ巨大なフランスチームサポート隊のカミオンに遭遇。そこから見た砂漠の上の星空は今でも忘れられない。

Robo Gabr’aoun  - Tra i più conosciuti viaggiatori d’Africa, da anni percorre piste e deserti a nord ed a sud dell’equatore.

Robo Gabr’aoun(ロボ・ガブラウン)- アフリカの地形に詳しい最も著名な専門家の一人。長年にわたり赤道の南北地帯のルートや砂漠を車で走破している。
2005年以降オートホーム製品を使用しており、さらに彼は著名な作家であり、Latitude 24 Safari African Expeditions、Nubian Sudan Toursなどの地元の旅行代理店以外にも、ディスカバリー・チャンネル、大英博物館、French Clio、Dutch Wild Travels(オランダ自然旅)、ほとんど全ての現存するイタリアのツアーオペレータなどの代理を請負うプロの案内人。

Sonja Vietto Ramus - fotografa e giornalista per riviste di fuoristrada

Sonja Vietto Ramus(ソーニャ・V・ラマス)- オフロード車,ラリー専門誌の編集記者
"アフリカとバイクが私の生きがいであり、私の仕事です。2000年以降、私は世界で最も美しい砂漠で競い合う車やバイク写真を撮るために、北部アフリカを旅します。 そのときいつも私は友人と愛車のトヨタランクルにオートホームカートップテントを載せて旅しています。それは、私の冒険へのパスポートなのです!"

Carsten Averkamp  - Project Manager - Lutz Rathmann - Lead Instructor

Carsten Averkamp(カルステン・アーフェルカンプ)- 総責任者 - Lutz Rathmann(ルッツ・ラスマン)- ヘッドコーチ
国際的にも卓越した技術や経験を持ったインストラクター達による“ランドローバー体験ツアー”は普段体験できないような自然にあふれた場所で、実際にオフロード走行、コースアウト時の対処方法、トレーラーの扱い方などをローバーオーナー達に教えている。オートホームを持参すれば、どんな環境でも必ず最高の成果が得られる。

Alessandro Beccaria

Alessandro Beccaria(アレッサンドロ・ベッカリーア)
人里離れたまだ人の手がほとんど及んでいないような場所まで旅することが私の長年の夢でした。その夢をオートホームという画期的な道具が実現させてくれました。

Susumu Sato e Yoshimi Sato

Susumu Sato and Yoshimi Sato(佐藤・進&好美)
マジョリーナと共に毎週末、日本中を旅しています。マジョリーナはどこで寝ていても自宅のベッドど同じ様に寝ることが出来ます。これを発明したイタリアはすごい!こころから感謝!

Ralph Castelberg - Professionista dell’estremo

Ralph Castelberg(ラルフ・カステルバーグ) - フリーライドのプロスノーボーダー 彼はたびたび各地で行なわれる競技に出場し、2006年9月以降、AUTOHOMEテントの愛好者の一人になりました。遠征時、熟睡できた翌日に競技に出場できることは、私にとって幸せなことです。まさにマジョリーナは我が家です。

Anna across Africa

アフリカに渡ったAnna(アンナ) - ある男女とランドローバー:1年でアフリカ26カ国を旅しました。 "私達はコロンブスに大変満足しています。とても快適で、旅行にはとても良い道具です。AUTOHOMEに本当に感謝しています!"

Moni & Hagi Ehrismann

Moni & Hagi Ehrismann(モニ&ハギ・エーリスマン) - スイスにて - 旅行愛好家や熟練した旅人に向けてグループ旅行を企画案内しています。 “…私達は全ての友人にAUTOHOMEテントを使うべきだと勧めています! それは、旅中で困らない唯一の方法です。楽しい旅をして下さい。そしてぐっすり寝て下さい!”

Ken Iida, nella foto con Yiuchi Asai

Ken Iida(飯田・謙一郎)オートキャンパー編集者との写真 - 東京 - 彼はある貿易会社に身を置き、AUTOHOMEシリーズを日本中に普及させることに貢献し成功した人です。“…イタリアで作られたオリジナルAUTOHOME製品の品質と信頼性の高さをすべての人々に伝えて行くことが私の仕事です。”(現在は独立し、個人で事業を継続させています)

The Great Escape

偉大なる逃避行
«AUTOHOME製品は様々なフィールドで試されてきました。 この50年、探検家、レポーター、写真家、そして熟練した旅人達が常に実用的で建設的なアドバイスをしてくれた結果、世界的に通用するカートップテントを開発、改良することができました。

Silk Road

シルクロード
様々な冒険を経験してきた旅のスペシャリストであるJürg Solberger(ユルグ・ソルバーガー)、Severin Bucher(セヴラン・ブヒャー)とそのメンバー達。マルコ・ポーロの足跡をたどりながら、各地で残してきた彼の功績を知るために西から東へシルクロードを旅した。

FaLang translation system by Faboba
mageSizer for Joomla! Copyright (c)2012 reDim