Nino Cirani

“私の名はニーノ・チラーニ
写真家です...”

ニーノ・チラーニ氏は1926年イタリア・モデナで生まれました。彼は建築学を学んでいましたが、むしろ写真家、ジャーナリスト、冒険家そして世界的な自動車ラリーストとして有名です。サハラ砂漠やアマゾンの密林の中を、極めて厳しく時には非常に危険な状況でも、何千マイルもの距離を突き進むことで、彼はオフロード・ドライバーにとって伝説的な存在となりました。

旅によって持参する道具は様々でしたが、常に変わらないものが二つだけありました:一つはAZIZA(アズイツァ)と名付けたどこまでも走り続けるランドローバーともう一つは何時でも何処でも快適な就寝場所となるエアキャンピング・ テントでした。 ニーノ・チラーニ氏の様々な経験と提案を反映することにより、このカートップテントは最先端の人間工学に基づいた快適で、なくてはならない旅の道具となりました。

オートホームでは、ニーノ・チラーニ氏と彼が30年間使い続けたエアキャンピングテントに敬意を表して、今や伝説的存在となった彼が採用したものと同じ色や技術的工夫をそのまま変えることなく現在でも採用し続けています。

Nino Cirani

アズイツァ3号はダリエンギャップを越えるためパナマのジャングルを激走中。

ブラジル・アラグアイア川からインディアン・カラジャ族

エチオピア・コンソ族の少女

ボリビア高原・インディアンの女性

ケニア・アンボセリのチーター

ペルー砂漠のオフロード車

タンザニア・セレンゲティのライオン

ボリビア高原・インディアンの女性

メキシコ・ユカタン州マヤ遺跡チチェン・イッツァ

FaLang translation system by Faboba
mageSizer for Joomla! Copyright (c)2012 reDim