“クラクラするほど眩く広大なオープンスペース:砂漠では猛烈に吹き付ける風が砂と混じり合い、車のフロントガラスをヤスリのように擦り続ける。”

絶望的になるほど無慈悲に照付ける太陽、その辛く厳しい自然もやがて砂丘の上に不規則な線を描きながら地平線の彼方に消えて行く。
瞬間、あらゆるものが静止し、まるで生まれながらにそこで毎日生活していたかのように私の気持ちを和ませてくれる..

ニーノ・チラーニ氏は数々の有名雑誌に報道写真レポートを寄稿しています。

1973年、彼は自らの経験を綴った"The Car Rally(ザ・カーラリー)を出版;いつ・どこで・どうやって"(Domusドムス出版社)キャラバン旅行で成功するための準備、提案、説明などを図解入りのハンドブックにまとめています。

各装備は細心の注意を払って準備されました:彼のランドローバーに取付けた特装品の取付けやタンクなどを金属プレートで保護加工するような改造は全てミラノにある彼の友人Amedeo Gaian(アメデオ・ガイアニ)氏の工場にて行われました。

著書の中でCirani (チラーニ)氏は遠征のために使用する車や必要な装備品をどのように準備したのかを詳細に記しています:ルーフテントはいかなる伝統的な道具よりも明らかに優れていると定義します。

すべては "Aziza(アズィツァ)号”の中に:工具、調理道具、予備の燃料タンク、小型冷蔵庫(写真フィルムの保存用)、手斧、ツルハシとシャベル。マチェーテ(短刀)、ライフル、ピストルまでも装備。

Aziza3(アズィツァ3号)のイラストをご覧ください。この車を完成させるまでに1,500時間を費やしました。

油断して砂嵐に捕まる。
全く何も見えなかった。そして我々はその嵐が治まったときほとんど全部砂に埋もれたAziza号を引張り出さねばならなかった。
それは辛くとても大変な旅だったが、今はこれまで経験した中で最も美しい思い出となった。
ある日ナビアの砂漠にて、Abu Simbel(アブ・シンベル神殿)に向う途中
エジプト軍の巨大なトラックとすれ違った。
運転していた兵士は私のランドローバーを見て、笑いながら"aziza”と言う。「aziza」はアラブ語で素敵なという意味があり、若く綺麗で魅力的な女の子に使う形容詞だ。こうして一連のAziza号は誕生した。
FaLang translation system by Faboba
mageSizer for Joomla! Copyright (c)2012 reDim