PAOLO MARIN - Tour Operation - Fotografo - Giornalista
PAOLO MARIN(パオロ・マリン)
- プロジェクトマネージャー

プロの見解

"誰もが実現できる旅"フォトチャレンジ社の創設者Paolo Marin(パオロ・マリン)氏は冒険界では名の知れたエキスパート;彼はオートホーム製品の輝かしいサポーターであり品質向上への熱心な支援者でもあります。長期旅行を通しての最良SUV車のレポートだけではなく、有名な1000マイルカーレース(ミッレミリア)に出場したビンテージの旧車、オートバイ、クワッドバイク、キャンピングカー、トラック、電子楽器、キャンプ用品までも全てにおいて製品使用試験を行いレポートすることが彼の仕事です。そのジャーナリストとしての紹介記事は、一般的なアドバイスとともに主要な新聞や雑誌などに掲載されています。

 

 

以下は、Autohome(オートホーム)製品についての新聞記事を抜粋して掲載させていただいています。その内容にMr. Paolo Marin(パオロ・マリン氏)に対する感謝を表したい。

 

 

AUTOHOME オートホーム

オートホーム製品のおかげで、数十万人の旅人がどこでどうやって夜を過ごすのか?という問題を克服することができた。それは自然と密接していながら安全・快適、プライバシーを確保したシェルター(避難所)である。そのルーフテントの良さを経験するとなかなか手放せなくなる。
それはすぐに使用でき簡単に片付けられる。小型車からクロカン四駆やワンボックスカーなど、様々な車の屋根に数分で取付できる。ユーザー層は幅広くその製品の頑丈さや実用性を良く理解した多くの著名な冒険家はもちろん、休日の宿泊代を浮かせたいという倹約的な若いカップルまで様々だ。

元がとれる買い物

わずか2、3週間、たまの週末や夏休みなどの長期休暇にルーフテントを利用すれば、購入代はすぐに元が取れる。その後の旅の宿泊代は全て無料となるので、使うたびに得した気分になる。車の様に車検などなく維持費も掛からないので文化遺産の旅や、都市を巡る旅、あるいは自然に浸る旅と、旅行に行く回数は増えるはず。何れにしても一つだけ確かなことは:ルーフテントを所有することで旅先の宿泊場所を探す手間がなくなり、いざとなればいつでもどこでも就寝できる安心感を得ることができるということだ。

ルーフテント - 優れているのはこれだ

昔ながらの地面に張るグランドテントに比べたら、ルーフテントに軍配が上がると確信している。なぜならルーフテントにはマットレス、枕、マットレスカバーなど就寝に必要なもの全てが装備されており、その分車内に沢山のスペースができる。
凸凹な地面や塊の上で寝たために背中が痛くなったり - グランドテントの経験者であれば誰もが体験するような不快感もなく、ルーフテントであれば本物のベッドと同じだ。さらに、地面から離れているので虫の侵入や夜露といった野営に伴う煩わしさもない。いつどこで泊まろうが、ルーフテントは常に快適な休息を約束し、地面にテントを固定する為に格闘したり、シーツを拡げたり、ペグを打ち込んだりする必要もない。

それはキャンピングカーと比較しても勝っている。キャンピングカーと同じレベルの居住性、設備は無いかもしれないが、同じくらい快適なベッドがある一方、機動性や駐車など、キャンピングカーにつきものの車両サイズに伴う問題がある。何よりもキャンピングカーのような高額なランニングコスト、保険や車検など余計な費用が掛からない。ましてや購入費用の差は言うに及ばず。

それはトラベルトレーラーやテント型トレーラーと比較しても勝っている:牽引した状態での運転もなく、駐車の難しさもない、どこにでも思いのままアクセスでき、牽引車両がないから高速道路代やフェリー運賃も安く済む。
最後に、キャンピングカーやトラベルトレーラーと違って、ルーフテントは基本メンテナンス不要、車庫要らずでどこにでも保管できる。

様々な要望に応じて

長年培ってきた経験の蓄積によってAUTOHOME(オートホーム)製品はルーフテントの中で最も多くの製品試験に適合している。異なった種類、サイズ、色、素材と様々なオプション品の中からあなたの車や目的に合った製品を見つけ出すことができる。
オートホーム製品には様々な味付けをした多くのテントが存在するが、どれも現在のマーケットで常に最高品質で用意されている。

変幻自在なテント

ルーフテントは休日連泊旅行の理想的な解決策:それは好きなところでいつでも緊急宿泊シェルターとなる。また、あるキャンプ場に長期滞在を決めているなら更にトランスフォームすることもできる:それはグランドフィートという専用オプション品をテント底面に取付けることで高床式住居のように地面の上に足付きで設置するこもできるようになる。また専用オプションのベランダテントを設置すれば、更に居住スペースを拡大することができる。

 

著者:Paolo Marin
photochallenge.italy

FaLang translation system by Faboba
mageSizer for Joomla! Copyright (c)2012 reDim