マジョリーナテクビデオ

快適なのは当然です。

1. 付属の専用ハンドルを使って、わずか1分以内で簡単に展開することができます。チェーンドライブシステムで繋がれた前後のスクリュージャッキ機構が信頼性の高い動作環境を生み出しています。

2. この開閉システムは特にメンテナンスの必要もなく、長期間にわたってご使用できます。 開閉は着脱式のハンドルで行ないます。展開時、少々の悪天候の中でも確実に展開することができます。

3. 本体は付属のハンドル以外で展開することができません。 付属のハンドル以外のもので開けてテント内に収納したものを盗まれる心配がありません。

究極のベッドルーム

デザインから材料、使用される個々の部品に至るまで、様々な気象条件下でも耐え得るように何度もテストを繰り返し厳選されたものだけを使用して全ての製品が完成されました。
特にカーボンファイバーは耐久性、耐衝撃性に優れています。またマジョリーナは万一最悪の事態が起きても容易に補修できます。

信頼性の高いカーボンファイバー

carbonfiber何千もの繊維が編込まれて作られているカーボン繊維マットは補強材の一つとして知られています。そのマットを求められる形状、強度、要求される仕上げを考慮してモールド(成形型)に敷き詰め、その後異なる材料である”マトリクス”と呼ばれるエポキシレジンのような高分子重合体で接着硬化させます。
この方法で成形されたシェル(ボディー)は通常のガラス繊維製シェルよりも高い剛性を持ちながら約20%軽くすることができます。カーボンファイバーは突発的な衝撃に対する機械的反発力、断熱性、耐熱限度、重量などの点でも従来のFRPに比べてはるかに優れています。

天井内張とルーフの間に空気の層を設けたことで断熱性を高めているのがAutohomeシリーズの特徴です。また内張自体もハニカム状のパネルと高密度スポンジの緩衝材を張合わせたものを使用しているので、雨の日でも雨音が響かず快適に過ごすことができます。
マジョリーナ底床は発泡芯材と車との接続を簡単確実にする2本のスチール製“C” 型ガイドレールによる厚さ25mmの“サンドウィッチ”FRP積層構造です。たとえ悪路でも、人が乗る就寝時でも十分な強度を確保しています。

ドラロンの優れた特性:

通気性: Dralonは通気性にも優れているので、結露の原因となる熱や湿気を室内に閉じ込めません。また防カビ性にも優れています。 温度:この生地は-30° C〜70° Cの気温変化での使用保証付です。
防水性 : 撥水性に優れていますので、雨の日でも安心して過ごすことができます。また濡れたままで収納したとしても、生地に染込まないので風を当てれば直ぐに乾きます。 メンテナンス: 特徴のある生地構造は、長期間とくにメンテナンスをする必要がありません。
耐候性: ドラロンの織糸は先染糸を使用しているので、抗退色性や耐侯性に優れています。たとえ灼熱の砂漠で使用しても安心です。 ドラロンの品質の高さ: 昔から使用されていた一般的なテント生地よりも遮音性・遮光性に優れ、手ざわりもソフトな仕上がりです。
強度: 強力な横糸が引き裂きや生地の折切れから守ります。また、たとえ急激な温度変化があっても生地は伸縮しません。 特にお手入れの必要はありません。
colors

高品質生地

アウトドアを楽しむとき、予測もできない天気に見舞われることはよくあります。しかしそんな悪条件下でもAUTOHOMEシリーズは、できる限り快適にお過ごし頂く為に、ドイツ・バイエル社製ハイテク生地Dralon® (ドラロン)を採用しています。Dralon® (ドラロン)は撥水性、防風性に優れていながら、通気性も兼ね備えています。また、夏の暑さや冬の寒さからテント室内を守り、厚手の生地は遮光性にも優れていますので、快適な睡眠をお約束します。 私達の採用している生地は、最も高い品質規格を満たしており、下記国際基準およびヨーロッパ基準に適合しています。

- UNI EN ISO 9237/97
- UNI EN 249220/93
- ISO 105B04
- ISO3801

当社の使用する縫い糸、縫製が極めて厳しい試験(UNI EN ISO 13935-2/01)をクリアしていることもそれらに対する疑う余地のない効果と絶対的な信頼性の裏付けです。当社の試験実績はこのたびSINAL(認証テストの実施に際しその試験機関の能力と公平性を受験者に保証することを目的としたイタリア通商産業省の支援による認証機関。日本のJAS規格のようなもの)から認定を受けましたが、これは当社の行う試験の信頼性のみならずその公平性が証明されたということです。

FaLang translation system by Faboba
mageSizer for Joomla! Copyright (c)2012 reDim